玄米菜食のマクロビオティックで美意識を高める方法を伝授します。美意識を高めることによって人それぞれ、自分の理想の美と健康に近づくことができます。

「脳は奇跡を起こす」で希望が持てるようになる

人間ドック
 

脳の状態が気になって

良い人間ドックを探している人は多いです。

 

この記事では自分に合う人間ドックが見つかりやすい

マーソ(MRSO)というサイトを紹介しつつ、

「脳は奇跡を起こす」という本で教えられている

脳の凄い特徴について記述します。

 

マーソでベストな人間ドックが見つかる!

マーソでは場所検査コース希望日金額

などの条件で検索が行えるため、

すぐに理想の人間ドックが見つかりやすいです。

 

何か困ったことがあれば9時から22時まで

コンシェルジュに電話で相談することができます。

 

サイトに掲載されている医療施設は2016年現在では日本一です。

マーソを利用すれば良い条件が見つかるのは間違いないです。

 

マーソでTポイントが貯まる!

マーソを通して人間ドックを受診すれば

Tポイントが貯まります!

 

特に最近では脳ドックが注目されています。

脳の異常はすぐには気づかないことが多いので、

定期的に検診することをおすすめします。

脳がダメになったら本当にすべての体の機能に悪い影響が出ます

 

良い人間ドックを求めている方は

マーソがおすすめです!

 

 

ノーマン・ドイジの教えで1番役に立つのは?

精神科医
 

ノーマン・ドイジ(Norman Doidge)という方は

カナダ生まれの精神科医です。

「脳は奇跡を起こす」という本を執筆しました。

 

彼は特に人間の脳に興味を抱いており、

いろんな人との調査を開始しました。

彼はこれらの調査をこの本にまとめました。

 

ノーマン・ドイジは脳の神秘性を目の当たりにする

脳科学者とインタビューをすることもあれば

障害を乗り越えた人達の話も聞きました。

 

そして脳に関する研究を進めていくうちに、

人間の脳の凄さを思い知ったのです。

 

脳の「神経可塑性」という凄い特徴

ノーマン・ドイジのいろんな研究や調べの中で、

1番我々の生活に役に立つのが「神経可塑性」です。

 

「神経可塑性」とは、

脳は死ぬまで変化を続けるということです。

人間の脳の1番凄い特徴です。

 

もちろん大人になってからも

脳は成長することができます

 

成長
 

確かに子供の成長期に脳は一番成長しますが、

大人になってからも脳は充分に成長できます

 

年齢よりも生活習慣に問題がある

問題なのは、

大人になって仕事などに就くと勉強などをする機会が減ります

 

単純に脳を鍛える時間が減るから、

もう大人になったら脳は成長できないという

固定概念を持っている人が多いのです。

 

しかし、

毎日少しだけでも脳を鍛える時間を持てば

死ぬまで成長することは可能です。

 

完璧は無理でも成長し続けることは充分に可能

ただ落とし穴としては、

人間は完璧ではないのでいつかは必ず老化が進みます

 

そしていずれは死にます

でも老化を遅らせることは充分に可能です。

 

誰でも、

毎日の小さな工夫で美や健康を維持することは可能です。

そして例え老化や病気が進んでいたとしても、

脳は変化できるので回復することは不可能ではないのです

 

体をコントロールしているのは脳なので、

この「神経可塑性」はとても重要な特徴です。

脳が変化できれば体も変われます

 

具体的な工夫としては運動食生活の見直し

ちょっとした勉強など当たり前なことばかりです。

 

不可能と思われていたことを可能にした人達

世の中には治ることが不可能と思われていた

障害を治した人がたくさんいます。

 

例:

・平衡感覚を失った女性

・脳卒中の患者

・脳の半分が生まれつき無い人など。

 

奇跡
 

こういう人達のストーリーを知ると、

普通の人が自分の理想の美や健康を手に入れるのはとても簡単なこと

だということを悟ります。

 

美容や健康だけでな人生全体で成功することが

可能だということに気づきます

 

ストーリーや脳の鍛え方などの詳細は

「脳は奇跡を起こす」を読むことをお勧めします。

いろんな新しい発見があります

 

そしてこの知恵を理解すれば、

他人には「不可能」と思われるようなこと

実現することができるようになります

 

脳の神経可塑性という凄い特徴

脳
 

人間の脳には脳神経のシナプスというものがあります。

このシナプスのおかげで脳はいろんな凄いことができるのです。

 

しかし事故や病気で脳に異常が起こると

シナプスの神経伝達が上手くいかなくなり、

日常生活に支障が出ます。

 

しかし最近の脳科学では

神経可塑性という概念が広まっております。

神経可塑性を理解すると、

例え脳に何らかのトラブルが起きてもまだ希望が持てます。

 

大人になっても脳は成長できる

英語ではneuroplasticity.

脳は可塑的plastic)という意味です。

 

そして最近の脳科学で分かってきたのが、

10代の成長期だけでなく

年寄りになっても脳は可塑的だということが証明されている。

 

これは何を意味するか?

要するに大人になっても脳は成長することができる

どんなに長年、悪い習慣が直らなくても直すことは絶対に可能です

 

「もう年だから」は言い訳

多くの人は30代、40代になったら「もう年だから痩せられない」

などいい訳をします。

確かに年をとると基礎代謝は下がります。

 

でもほとんどの人が年をとって体重が増える原因は、

習慣に問題があります

若い時は多少ムチャな食生活でもそんなに簡単には太らないし肌も荒れない。

 

でもだんだん年を取ると基礎代謝は成長期ほどでは無い。

なのに習慣は10代のまま。

これでは体重が増加するのは当たり前です。

 

むしろ痩せている方が奇跡です。

あと運動をしないと別に若くても筋肉は減って基礎代謝も低下する。

 

若いときは多少運動しなくても筋肉を維持しやすいですけど、

成長期が終わると筋肉を鍛える努力は少しは必要です。

ちなみに玄米を主食にすると体重は増えにくいです。

 

脳神経シナプスの凄さを知ると頑張るモチベーションが持てる

でも習慣は何歳になっても変えられます

簡単ではないですが、少しずつ変えていけば必ず良くなります

 

なぜなら脳は可塑的だから。

今までの

「脳は大人になったらもう成長や変化はできない」

完全な間違いです

なので年齢のせいにしないでください。

 

これは慰めではありません。

事実です

 

人間の脳は死ぬまで変化している

科学
 

ノーマン・ドイジの「脳は奇跡を起こす

最新の脳科学についての本です。

 

今までの常識では、

脳は大人になったらもう変化はしないと思われていました。

 

あとはもう少しずつ劣化するだけというのが常識でした。

そしてもし脳に異常が発生したら、

コンピューターみたいに一部が壊れたらもう直らない。

 

しかし今ではその考え方は完全に間違っていると分かっています。

脳の最新科学では「神経可塑性」という用語があります。

 

神経可塑性」とは、

脳は死ぬまで変化することができるということです。

要するに脳はいくつになっても成長することができます

 

大人になっても美意識を高めて悪い習慣を直すことは充分に可能

どんなに長い間、

悪い習慣があってもそれを直すことは必ず可能です。

ただほとんどの人はすぐに諦めてしまいます。

 

すぐに、簡単には悪い習慣を変えることはできませんが、

少しずつ美意識を高めて努力を重ねていけば必ず直せます

 

神経可塑性や最新の脳科学について詳しく知りたい方には

脳は奇跡を起こす」はお勧めです。

自分の理想の美や健康に近づくために希望を持つことができるようになります。

 

希望
 

[ad#neuroplasticity]

 

参考文献:ノーマン・ドイジ 「脳は奇跡を起こす」

この本では多くの人が本当に奇跡を起こしています。

これを読むと、考え方が変わってダイエットなどは楽勝です。

 

NEXT>3.インクロムボランティアセンター大阪で治験を受ける1番のメリット

 

関連記事:

マクロビオティックは老けるのか?3つの検証

成田美和は病気を乗り越えたからこそゴッドハンドになった

ビオクラスタイルのクッキングスクールに通う1番のメリットは?


管理人 プロフィール

おすすめ

人気の記事

少食 メリット
少食 太る 原因
砂糖 炎症
青汁 ソラレン
マクロビオティック 老ける
精製 米
ケトジェニックダイエット メニュー
ビオデルマ 肌荒れ
玄米 主食
だいにち堂 野菜

おすすめ

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.