玄米菜食のマクロビオティックで美意識を高める方法を伝授します。美意識を高めることによって人それぞれ、自分の理想の美と健康に近づくことができます。

齋藤滋(ブログあり)の教えで体重が減る1番の方法は?

噛む
 

単刀直入に言うと、

体重が減りやすい行動はよく噛むことです。

 

よく噛んで食べなさい!

とは誰もがどこかで聞かされたセリフだと思います。

 

しかし「なんで噛むことがそんなに重要なの」

疑問に思う人が多いと思います。

 

よく噛む習慣がつくといろんな良い効果がある

よく噛むのが大事な理由の一つとして、

自然と食事の時間が長くなることです。

食事を始めてから満腹中枢が反応するには20分以上かかります

満腹
 

多く食べる前に満腹中枢が反応してくれるので少なめで済みます

 

逆に速く食べてしまうと

満腹中枢が反応する前にたくさん食べてしまいます

そして体重が増加します

 

齋藤滋(ブログあり)の教えで食欲を抑えることができる

齋藤滋の教えではよく噛むと唾液が大量に分泌されます

そしてヒスタミンという神経伝達物質も分泌されます

このヒスタミンは満腹中枢を刺激して

食欲を抑えてくれます

 

そして良く噛むと顎や顔面の筋肉を鍛えるので

顔がほっそりしやすいです。

 

(ちなみに齋藤滋はブログをやっているので、

何か参考になる記事があるかもしれません。)

 

よく噛むと満腹になりやすい=細身の体型を維持するのが楽になる

筆者はあまり噛むことが好きではありませんでした。

速く食べ物を飲み込むクセがついていました。

 

でも良く噛むようになってから明らかに

体重増加を防げるようになりました

噛む
 

もっと早くからたくさん噛んでいれば

良かったなと今では後悔しています。

 

今からでも遅くありません。

よく噛むことには良いことがたくさんありますので、

良く噛んで食べましょう!

 

一口最低30回以上は噛みましょう!

美意識を高めてよく噛むようになると

どんどん自分の理想の美と健康に近づきます。

 

金沢大学の櫻井武の教えで空腹感をなくしやすい!

食欲
 

誰でも時々、強い空腹感に悩まされます

そして特に体重を減らしたい方は、

まずは脳科学の知識を身につければ

ダイエットの成功率が高まります。

 

金沢大学の櫻井武の空腹感と満腹感についての教え

人間の食欲を満たすのは2つの側面があります。

一つはエネルギーの充足もう一つは満足です

 

食事ではカロリーなどのエネルギーだけでなく

どれだけ報酬として満足できるかも重要です。

」が満腹になることを忘れてはなりません。

 

胃そのものは満腹や空腹を感じません

すべて脳が決めています

 

脳
 

だから「ながら食い」が習慣の人は太りやすいのです。

味に集中していないと目の前にある食に満足しません

もっと欲しくなるのでもっと食べてしまいます

 

集中して食事を味わうのが大事

一人で食事をする場合、毎回、箸を置いて目を閉じましょう

そしてよく噛んで食事そのものに集中しながら食べる

 

集中
 

これだけで食べすぎが防ぎやすくなります

 

参考文献:

・齋藤滋 「よく噛んで食べる―忘れられた究極の健康法」

・渡辺信幸 「一生太らない体をつくる噛むだけダイエット」

・櫻井武 「食欲の科学」

 

関連記事:

少食でも太る原因1位は?

食を減らせば痩せるというカロリー神話は大きな嘘

砂糖は体全体を炎症状態にするドラッグ

 

[ad#omoshiro5]


管理人 プロフィール

おすすめ

人気の記事

少食 メリット
少食 太る 原因
砂糖 炎症
青汁 ソラレン
マクロビオティック 老ける
精製 米
ケトジェニックダイエット メニュー
ビオデルマ 肌荒れ
玄米 主食
だいにち堂 野菜

おすすめ

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.