玄米菜食のマクロビオティックで美意識を高める方法を伝授します。美意識を高めることによって人それぞれ、自分の理想の美と健康に近づくことができます。

シェーンハイマーの実験で食の凄さが分かる

健康的に食べる
 

多くの人は

健康的に食べることは大事だど分かっています。

 

しかし食事がどれだけ体に大きな影響を

与えているかを本当に理解していない人が多いと思います。

 

動的平衡という概念

食事がどれだけ重要かを教えてくれるのが「動的平衡」です。

動的平衡」とは、

生命は絶え間ない流れに乗っているということです。

 

この「動的平衡」の概念を発見したのが

シェーンハイマー(1898年~1941年)

という科学者です。

 

シェーンハイマーのねずみを使った実験

実験
 

シェーンハイマーはネズミを使って実験を繰り返しました。

 

そして体のすべての分子は食べ物の分子と絶え間なく入れ替わっている

ということを発見しました。

 

要するに私達が何かを食べたとき、

その食べ物は体の一部となって体の中に留まります

 

シェーンハイマーのネズミの実験が行われるまでは、

食べ物は体に入ったら燃えて、

その燃えカスは数日後には排泄されるという仮説が成り立っていました。

元々ある体の分子はそのままずっと同じ位置(全く同じ細胞)

にあると思われていました。

 

しかしシェーンハイマーのネズミの実験では、

食の分子は体に入って体の一部となります。

そして元々そこにあった分子は外に出ます

 

現在の自分と過去の自分は全くの別物

この現象は体のすべての分子で起こります

骨でも筋肉でも脳細胞でも、

ずっと同じ位置にあっても

細胞内の原子は入れ替わり続けています

細胞 入れ替わり 
 

この動的平衡は少し難しい科学ですが、

分かりやすく言うと「一年前の自分と今の自分は全くの別物」ということです。

 

体重が一年前と全く同じですべての細胞の位置が全く同じでも、

分子は入れ替わり続けています

 

食べ物はただの燃料ではなく、

体に留まって私達の一部になります

それだけ食事は体に大きな影響があるのです。

“We are what we eat(私達の体は食べたモノから出来ています)

は本当です。

 

食べ物で体質や性格は本当に変わる

食事の力を軽く見ないでください。

乱れた食生活をずっと続けていると老化が促進されますし、

病気になる確率がもの凄く高くなります

 

自分の理想の美と健康を手に入れるためには、

まずは食生活を整えましょう

 

参考文献:

・ 福岡伸一「生命と食」

 

関連記事:

マクロビオティックは老けるのか?3つの検証

精製されたお米と玄米の違い

だいにち堂の野菜の宅配のメリット4つ!


管理人 プロフィール

おすすめ

人気の記事

少食 メリット
少食 太る 原因
砂糖 炎症
青汁 ソラレン
マクロビオティック 老ける
精製 米
ケトジェニックダイエット メニュー
ビオデルマ 肌荒れ
玄米 主食
だいにち堂 野菜

おすすめ

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.