玄米菜食のマクロビオティックで美意識を高める方法を伝授します。美意識を高めることによって人それぞれ、自分の理想の美と健康に近づくことができます。

ブドウ糖果糖液糖の5つの害

工場
 

ブドウ糖果糖液糖人工甘味料です。

 

近年ではブドウ糖果糖液糖の摂取量が増えており、

いろんな問題を引き起こしています。

 

1.病気になる確率が高まる、特に糖尿病とガン

ブドウ糖果糖液糖は自然界には存在しない不自然な糖です。

特にジュース清涼飲料水に多く含まれています。

 

原材料を見れば

大抵は一番目にブドウ糖果糖液糖が表示されています。

 

原材料は多い順から表示されるので

清涼飲料水にはブドウ糖果糖液糖が

多く含まれていることが分かります。

 

ブドウ糖果糖液糖は白砂糖より値段が安いのに

甘みはもっと強いです。

そして近年ではブドウ糖果糖液糖の消費量がどんどん増えています

 

ブドウ糖果糖液糖大量に摂取し続ける

いずれは糖尿病になる確率が非常に高くなります

 

糖尿病だけでなくガンになる確率も上がります

糖とガンの関係について知りたい方は

シンゲンメディカルの評判は?癌細胞増殖の阻害が可能かも

の記事が良い参考です。

 

2.太りやすくなる

ブドウ糖果糖液糖を多く摂り続けると太りやすくなります

カロリーとは関係なく糖が体の中に入ると

すぐに脂肪として蓄えられます

 

アメリカの研究では

ソーダが1番太る原因だと判明されています。

ソーダ
 

ソーダにブドウ糖果糖液糖

多く含まれていることは偶然ではありません

 

ブドウ糖果糖液糖の摂取が多いと脂肪の量も増えます

糖と脂肪の関係をもっと詳しく知りたい方は

少食でも太る原因1位は?

の記事が参考になります。

 

3.肌荒れが酷くなる

肌荒れで悩んでいる人のほとんどは

ブドウ糖果糖液糖摂取量が非常に多いです。

 

簡単に説明すると糖を摂取すると血糖値が急激に上がるので

体は炎症を起こします

 

この炎症がニキビなどの肌荒れとして皮膚に現れます

 

糖と肌荒れの関係をもっと詳しく知りたい方は

下記の2つの記事が参考になります。

砂糖は体全体を炎症状態にするドラッグ

ビオデルマで肌荒れのコンプレックスを解決できる!

 

4.味覚が麻痺する

甘いモノばかりを食べる習慣がついてしまうと

味覚が麻痺してしまいます

 

味が薄い食品では満足できなくなり、

刺激の強いモノでないと気が済まないようになってしまいます。

 

味の刺激が強い食べ物は

病気を引き起こしやすい傾向あります。

 

5.依存症になってしまう

最後にブドウ糖果糖液糖の一番大きな害は依存症です。

信じない人も多いですが

糖には物凄く強い依存性があります

 

糖を摂取すると脳内では

覚せい剤などのドラッグと同じように反応しています

これは比喩ではありません!

最新の脳科学では糖の中毒性は証明されています

 

もっと詳しく知りたい方は

下記の2つの記事を読んでみてください。

砂糖は体全体を炎症状態にするドラッグ

砂糖の真実を知ればやめるモチベーションが出る

 

ブドウ糖果糖液糖は本当に百害あって一利なし

少しずつブドウ糖果糖液糖の摂取量

減らしましょう

そしていずれは完全に無くすことをお勧めします。

 

ブドウ糖果糖液糖は本当に美容と健康に害でしかありません

 

江部康二が提案する食事で健康になる!

白
 

江部康二は多くの本を出版しており、

特にお勧めなのが「食品別糖質量ハンドブック」です。

 

「食品別糖質量ハンドブック」ではいろんな食品の糖質量が分かるため、

悪い食品を避けることができます。

特に白米、白パン、白砂糖、薄力粉など白いモノは糖質が多く含まれており、

美と健康に害です。

 

悪いモノの共通点は色が白い

なぜ白いかというと精製されていて、

ほとんどのミネラルと栄養が削られているからです。

 

見た目は綺麗ですが、

栄養素がほとんど含まれていないため

摂取すると体には負担になります

 

茶色い食品の方がヘルシー

茶色の食品の見た目は白い食品ほど綺麗ではないですが、

栄養とミネラルがたっぷり含まれています

 

玄米
 

白いモノを茶色のモノに変えるだけで

美と健康は良い方向に向かいます

 

例えば:

・パンを食べたいときはライ麦パンを選ぶ。

・どうしても糖を使いたいときは茶色のココナッツシュガーを使う。

・薄力粉を使いたい時は全粒粉を使う。

・そして白米の代わりには玄米を食べる。

 

むしろ、「今までよく栄養のない白いモノばかり食べていたな」

どれだけ栄養不足だったかに関心します

 

例外といえば塩とキシリトール粉末ぐらいです。

塩分の摂り過ぎは良くないですし、

キシリトール粉末も使いすぎはあまりお勧めできません。

 

江部康二が提案する食事でもっと健康になる!

江部康二の他の本も読んで実践すれば

糖質が低い食事(茶色の食品)が中心の生活になります。

そしてどんどん健康で丈夫な体を手に入れることができます

 

白い食品を避けるという簡単なルールを守れば

美と健康の質がびっくりするぐらい上がります

 

まずは砂糖まみれの甘いモノの替わりに

砂糖不使用のチョコから始めてみてください。

 

 

NEXT>13. 蜂蜜の1番大きなデメリット

 

関連記事:

精製されたお米と玄米の違い

ビオクラスタイルのクッキングスクールに通う1番のメリットは?

ケトジェニックダイエットのメニューで体重を減らしやすい!

 

[ad#omoshiro5]


管理人 プロフィール

おすすめ

人気の記事

少食 メリット
少食 太る 原因
砂糖 炎症
青汁 ソラレン
マクロビオティック 老ける
精製 米
ケトジェニックダイエット メニュー
ビオデルマ 肌荒れ
玄米 主食
だいにち堂 野菜

おすすめ

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.