玄米菜食のマクロビオティックで美意識を高める方法を伝授します。美意識を高めることによって人それぞれ、自分の理想の美と健康に近づくことができます。

上白糖の害を説いているサラ・ウィルソンは病気を克服した!

  • HOME »
  • »
  • 上白糖の害を説いているサラ・ウィルソンは病気を克服した!

サラ・ウィルソンとはどんな人物か

オーストラリア
 

サラ・ウィルソン(Sarah Wilson)はオーストラリアのジャーナリストです。

 

彼女は長年、

自己免疫疾患に悩まされていました。

自己免疫疾患は簡単に説明すると、

免疫システムが正常に働かないため多くのトラブルが起きる疾患です。

 

他にも精神的な問題などとても調子が悪かったみたいです。

 

この疾患をどうにかしたいと彼女はいろいろ調べている最中、

砂糖が多くの問題の原因ではないかという仮説に辿りつきました

 

砂糖(上白糖など)をやめてその結果は?

そしてまずは2週間試してみようと、

食事から砂糖(上白糖など)を完全に無くしました。

そして数日だけでも調子が良くなり

この方法を続けることにしました。

 

2015年現在では砂糖を生活から完全に無くしていないものの、

かなり減らしています

そして砂糖を控えた食生活を数年送った結果、

疾患の症状がかなり緩和されました

 

そしてストレスが多い都会を離れ、

自然豊かな所で心地よく生活しています

オーストラリア
 

サラ・ウィルソンの最近の活動は砂糖の害を人々に教えている

2014年に”I Quit Sugar(私は砂糖をやめた)”

の本を出版しています。

筆者は読んでいませんが、

砂糖に関しての情報やヘルシーなレシピが多く載っているそうです。

 

サラ・ウィルソンは元々、

雑誌の編集者をしていました。

メディア関係に携わっていたのが関係しているかもしれませんが、

多くのインタビューを受けています。

 

そして砂糖の害を世に広めています

英語ですが、Youtubeに多くの動画があります。

 

サラ・ウィルソンみたいにとても

美しい女性が砂糖の害について教える人がいると、

聞く耳を持てます

 

生活から砂糖を少しずつ減らして

最高の美と健康を満喫しましょう!

 

砂糖をやめたことによってガンに勝つことができた

賞
 

クリス・カー(Kris Carr)という方

はニューヨーク・タイムズのベストセラー作家です。

彼女から砂糖とガンの関連性が分かります。

 

食事を改善してガンに勝った

彼女は2003年にガンを患いましたが、

食生活を直すことで現在でも健康的に暮らせています

 

しかも彼女が患ったガンは希少で治らないとされていました

食の凄い力が目に見えます

食を変えるだけで本当に病気を治すことができます

 

彼女は特に砂糖の害を説いています

彼女のホームページにたくさんの

情報が載っています(すべて英語ですが)。

 

彼女が出版した本も英語ですが、

特に病気で悩んでいる人は読めば勇気がもらえると思います。

ちなみにドキュメンタリーもあります。

 

自然な食事法でもっともっと健康に

彼女はヴィーガンであり、

毎日グリーンスムージーを飲んでいます。

 

いろんな人を観察することで、

いろんな情報が得られます

マクロビオティックや似た食事法を実践している人達

を観察することでいろんな貴重な知恵が芽生えてきます

 

観察
 

何よりもモチベーションが湧いてきます!

クリス・カーみたいに健康的に食べて

最高の美容と健康を楽しみましょう!

 

関連記事:

1年以上、砂糖のデトックスを続けている人がいる!

砂糖は体全体を炎症状態にするドラッグ

シェーンハイマーの実験で食の凄さが分かる


管理人 プロフィール

おすすめ

人気の記事

少食 メリット
少食 太る 原因
砂糖 炎症
青汁 ソラレン
マクロビオティック 老ける
精製 米
ケトジェニックダイエット メニュー
ビオデルマ 肌荒れ
玄米 主食
だいにち堂 野菜

おすすめ

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.