玄米菜食のマクロビオティックで美意識を高める方法を伝授します。美意識を高めることによって人それぞれ、自分の理想の美と健康に近づくことができます。

若年性認知症の1番良い予防法は?

ボケ
 

ボケの症状は年寄りだけに限ったことではありません。

 

認知症やボケ症状が出る原因をしっかり理解し、

予防をしましょう。

 

トレーニングをしないと脳は衰える

確かにに年寄りは認知症になりやすいですが、

若い人でも生活習慣が悪いとボケる可能性はあります

 

ボケていたら美容や健康に支障が出ます

脳を若々しい状態に保つ努力は大事です

 

現代でボケが増加している原因は小さな平面を長時間、

見ている人が増えているからです。

この小さな平面とはパソコンスマホのことです。

 

パソコンの画面をずっと見ていると目があまり動きません

そして目があまり動かないと脳も動かなくなります

ぼーっと
 

若年性認知症の1番良い予防法は目をよく動かすこと

逆によく目を動かしていると脳は活発になっています。

立体的なモノ(3D)と接することが重要なポイントです。

平らな画面(2D)では脳があまり活動しません。

 

最近の脳科学の研究では

運動をよくする人達の脳は若々しい傾向にあります。

 

その反面、パソコンのゲームなどを長時間

やっている人達は脳の力が劣っています

 

デジタルの普及で若年性認知症はどんどん増えています

若年性認知症が最近増えているのは偶然ではありません

 

認知症の1番良い予防法はできるだけ

パソコンやスマホを使う時間を減らして

目がよく動く活動を増やすことです。

 

アナログを大事にする

今の時代ネットを完全に無くすのはあまり現実的ではありません。

しかしだからと言ってデジタルに偏り過ぎてしまうと、

生活は便利になりますが脳はどんどん衰えます

バランス
 

外に出て少しでも運動を定期的に行うなどアナログも大事にしましょう

そうすれば脳を若い状態で保ちながらデジタルの最新技術を楽しめます

 

そして効率よく美容と健康を向上させることができます

 

参考文献:

築山節「脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める」

 

関連記事:

砂糖は体全体を炎症状態にするドラッグ

「脳は奇跡を起こす」で希望が持てるようになる

精製されたお米と玄米の違い


管理人 プロフィール

おすすめ

人気の記事

少食 メリット
少食 太る 原因
砂糖 炎症
青汁 ソラレン
マクロビオティック 老ける
精製 米
ケトジェニックダイエット メニュー
ビオデルマ 肌荒れ
玄米 主食
だいにち堂 野菜

おすすめ

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.